「テレビ・インターネット・固定電話」 ケーブル1本ではじまる快適生活

コミュニティチャンネル今月のみどころ

CableGate


近年がま磯シリーズにおいて多くの特徴的な竿が誕生し、新たな竿の角度、使い方が生まれ発展してきました。これらの竿は特徴があるがゆえに、使用する最適な角度や使用条件が存在し、それを理解することにより竿の特性が最大限発揮されるものでした。今回、インテッサG-Vは「使用条件」という概念を取り払い、どのような状況、使用方法であっても最強の「力」を発揮する調子を目指し開発。
そのためにまず採用したのがスーパーアクティブサスデザイン。継ぎ目の段差を減らし、応力分散をスムーズにすることで美しい曲がりと竿を寝かせた状態での粘りを発揮。さらにPCS(パワークロスシステム)を採用することでネジレ剛性を強化。ロッドを立てたときでも竿が振られにくく、安定したやり取りが可能になりました。最新がま磯の2つの技術を同時採用し、がまかつが誇るトップテスター陣による幾度にも及ぶ実釣テストにより研鑽。先調子や胴調子という概念を超えたインテッサのみに与えられる「全角度対応調子」が完成。「竿を立てる、寝かせる、横に泳がす」等の攻めの状況から「のされそうになる、手前に突っ込まれる、横に走られる」等の守りの状況すべてにおいて竿が的確に働き圧倒的「力」で釣り人をサポートしてくれます。
これらの優れた機能を搭載したインテッサG-Vは、持った瞬間にあらゆる事柄の詰まった何ともいえない「密度」を感じるはずです。そして竿という単なるツールの枠を超え、磯で繰り広げられるドラマを共に歩む頼れる相棒として絶対的信頼感を与えてくれることでしょう。

・こだわりぬいたリールシート
基本材料にタフライトZを採用。タフライトよりもカーボン混入率を増やし、更なる軽量化、高剛性化を実現。スクリューシートのフード部分にはステンレスフードにゴムを焼きつけ成型。手に触れる部分にゴムがくるため、すべりにくく手になじむスクリューシートが完成。

・スーパーアクティブサスデザイン
スムーズな応力伝達を可能にし、驚異的な粘り腰を発揮する。

・パワークロスシステム
ネジレ剛性を強化し、ロッドが振られたりバタついたりするのを防ぎ安定したやり取りを可能にする。

・厳選マテリアルの採用
最新技術「ナノアロイ(R)」適用カーボンを採用。磯竿に最も必要な衝撃強度が向上。また、竿先にはスーパートップII及びトルザイトリングトップガイドを採用。

・超低重心設計
竿元部に重量を乗せることで、竿本体を軽量化することなく十分な強度を持たせたまま持ち重りを軽減。自重からは想像できないほどの操作性を実現。

●号数:3
●標準全長(m):5.3
●標準自重(g):298
●仕舞寸法(cm):117.5
●使用材料(%):カーボン 99.5、グラス 0.5
●モーメント:31.9
●継数(本):5
●先径/元径(mm):1.0/25.4
●錘負荷(号):2~8
●適正ハリス(号):2.5~8
番組検索…プレゼントも!!
どなたでも無料で使えます!

番組一覧